面出の探偵ノート

第017号 – 新庄駅

More

師が走り回るほど忙しいのが師走。私は師でもないのに常に走り回っているが、やはり特に師走は心身ともにせわしくなる。この探偵日記もついついさぼりがちになってしまう。なんてこった、情けない。 さて今日は東北地方の仙台と新庄に、私たちLPAが関わる…

面出の探偵ノート

第016号 – 探偵日記991124

More

おやおや、しまいにはヘリコプターまでやってきたみたいだ。ただ今、ヴァイマールからフランクフルトに向かうドイツの高速道路に立ち往生するバスの中。100m先には炎上、死亡を伴う大事故の現場が見える。完璧な道路封鎖に巻き込まれ、既に6時間もこのバ…

面出の探偵ノート

第015号 – 真剣なまなざしの若者たち

More

またもや東京の喧騒を抜け出してきた。今はルフトハンザ機の中で、得意の懺悔と瞑想の時間に入っている。東京を離れるたびに、地上を離れて気持ちが無国籍になるたびに、ひたすら毎日走り続けている自分の姿が健気にも可哀相にも思えてくる。どうして私はこん…

面出の探偵ノート

第014号 – どうしてこんなに忙しいの?

More

またまた3週間ぶりの探偵日記になってしまった。前回は香港に出張の折りに書いたものだけれど、今回も金沢への日帰り出張の帰路、夜の日本列島上空で突然思い立ってラップトップに向かっている。この3週間、余裕のないドラマティックな時間の連続でした。 …

面出の探偵ノート

第013号 – 中華人民共和国建国50周年記念日

More

久しぶりの香港出張。ノーマン・フォスターの設計した新空港になってから初めてなので期待して降り立ったのだけれど、ロンドンのスタンステッド空港ができたときほどの感激がない。世界中にフォスター風が蔓延してきたせいか? もう一度明後日の帰国時にじっ…

面出の探偵ノート

第012号 – 面出薫+LPA展・建築照明の作法

More

あ~あ、とてもプレッシャーのかかる月日でした。 今日は乃木坂のギャラリー間で2カ月に渡り開催される展覧会「面出薫+LPA展・建築照明の作法」のプレス・ミーティングとオープニング・パーティの日。昨夜まで、ほぼスタッフ総動員で準備した展覧会を皆…

面出の探偵ノート

第011号 – 偏向眼鏡

More

久しぶりに安曇野ちひろ美術館を訪れた。私と同年齢の建築家・内藤廣さんの設計による美術館が完成したのは3年前。南アルプスの山々を背景にした広大な自然の中に建つこの美術館は、ゆったりと寛いだ時間を過ごすための家族連れやカップルたちで賑わっている…

面出の探偵ノート

第010号 – 「あかりメッセージ1999」

More

日曜日だというのに今、夜の11時半、東海道新幹線で仕事からの帰り道。なんというワークホーリックな人生なのだ。反省の余地もない。 まあ、仕事好きなことはそんなに卑下したものでもない、と開き直るほうが精神的には良さそうだ。遊んでいるかのように仕…

面出の探偵ノート

第009号 – 夏の終わり

More

1週間があっという間に過ぎていきます。18日にシンガポールから帰り成田空港に着いたとたん「ムッムッ、何という暑苦しく重たい空気!」。赤道直下の国々のほうが、よほどすっきり爽やかな夏、とういうものだ。ヒートアイランドと化した今年の東京の夏は、…

面出の探偵ノート

第008号 – 奈良の「灯花会(とうかえ)」

More

前回の探偵日記から未だ1週間も経っていません。絶好調ですね。大切なのは「気張らずにコンスタントに書き続けること」とわきまえました。まずまずのリズムです。 さて、前回は時間切れで書き切れなかったことがあったと思いますが、何だったでしょうか…?…

面出の探偵ノート

第007号 – 気取らないコラム

More

本当に久しぶりの探偵日記になりました。 この間に「あっ、まだ変わってないや」とがっかりさせた方も数名いたとか聞いています。その方々には深くお詫びします。いや、何しろ私は、こう見えてもけっこう格好を気にするたちなもので、「探偵日記」と題したの…

面出の探偵ノート

第006号 – 「なまはげ」が山から下りてきた

More

(秋田男鹿半島に見る「なまはげ柴灯まつり」を見て)2月15日に秋田の「なまはげ祭り」を見に行ってきました。その時の模様をレポートします。 午前11時頃に東京駅を新幹線で出発して、秋田駅に着くまでには少し時間がかかりました。なるほど新幹線もレ…

面出の探偵ノート

第005号 – 面出の探偵日記

More

お待たせしました。大変久しぶりの探偵日記になりました。 毎週、いや少なくても隔週程度には、私の体験した探偵事件や独り言のような推理を紹介するつもりでいましたのに…。情けないことです。ごめんなさい。 さて、この間に色々なことがありましたので、…

面出の探偵ノート

第004号 – 海で鯨に面会した日

More

ホエールウォッチングなんて観光客だましみたいなもので…と思っていたが、大海を我がもの顔で泳ぐ鯨の群れを間近に見て、子供のように熱くなった。 我が哺乳類の仲間が海に悠然と生活している様子に、心打たれるのかも知れない。これが魚の大群を見ても、こ…

面出の探偵ノート

第003号 – UA-800 の陰影礼賛

More

はっはっは、景気づけのジントニックをあおった後に、今、カリフォルニアのシャルドネを頂きました(少々良い気分になっている)。ニューヨークに向かう飛行機 UA-800便、これには既に何十回も乗っているに違いないのです。離陸後の飛行機の中では私は…

面出の探偵ノート

第002号 – シンガポールのコンドミニアム

More

8月の19日から23日までシンガポールに出張に出た。さてシンガポールに来るのは何回目になるのだろうか? 多分ヤマギワの研究所に勤めていた頃に数回、そしてここのところ年に1~2度来ているので、既に10回ほどは訪れているはずだ。 私はシンガポー…

面出の探偵ノート

第001号 – 粋な花火

More

まあなんとすっきりしない夏だろう。 東北地方では、とうとう梅雨明け宣言も出ないままに、秋雨前線とくっついてしまうとか言っている。日本だけでなく世界中が異常気象に悩まされている。いや、異常なのは気象だけでなくて、人の心も荒んでいる。アフリカに…

面出の探偵ノート

第000号 – 「面出コラム」を開設

More

日曜日の夜、窓の外にはのんびりとした隅田川。 ここ越中島は昨夜の東京湾花火の大音響が嘘のように、今日はひっそりと静まり返っています。夕食に得意なキュウリと人参のサラダを作って、美味しいお粥を炊きました。久しぶりに楽しい自炊のペースです。 さ…

PAGE TOP