連続実践講座

vol.07 光と水のある風景 – 陣内 秀信(イタリア建築・都市史家)

Update:

連続実践講座 あなたも照明探偵団

陣内 秀信 (法政大学教授/イタリア建築・都市史)
~ベイサイドやウオーターフロントの再開発。夜にも豊かな水を感じていたい~

lecture_07_00
lecture_07_01

水辺の再開発が一種の流行病のようにあちらこちらで行われて久しい。しかし、私たちは実際のところ、都市の水辺と慣れ親み楽しんでいるようには思えない。夜でも豊かな水を感じられるための、光と水、そして人間の幸福な関係を提案しよう、というのがテーマ。
ゲストの陣内氏は、イタリアを起点に、地中海周辺、イスラム諸国の人々と水の関わり、賑わいの構図をたくさんのスライドで紹介しながら、感性豊かな生活空間を紹介した。以前は水の都といわれた東京。その豊かさを失ってしまった反省からウオーターフロント開発を進めてみても、人間の感性本意の街づくりが存在しなければ、成功とはいえない、という陣内氏の主張が正論であるのは、探偵レポートで紹介された、隅田川周辺の水辺や親水公園の現状を見ても明かだった。
知らずに誘われてしまうような水辺をつくっていくための提案として探偵団が作成した、模型による水辺のシュミレーションが最後に紹介された。

おすすめの投稿

PAGE TOP