連続実践講座

vol.08 盛り場とネオン文化 – 島田 雅彦(作家)

Update:

連続実践講座 あなたも照明探偵団

島田 雅彦 (作家)
~酒と涙とネオン街。いやとんでもない、
世紀末のネオン文化は今、未来都市を切り開く~

lecture_08_00
lecture_08_01

ネオンというとどうしても演歌調の風景、或いは混沌としたアジア的な繁華街をイメージしてしまう。しかし、他国に類を見ない日本のハイテクネオンは、もしかすると、照明界のホープであるかもしれないと探偵団は感じている。レポートによると、盛り場と同義語の「ネオン街」に実はネオンは少ないのだ。ネオンは元来のイメージを払拭し、新たな存在を確立すべきである。
ゲストは、盛り場と酒の大好きな島田雅彦氏。世界の各都市をまわられている氏の五感で感じる街の記憶や、盛り場の雰囲気を、氏独自の視点と観察力でざっくばらんに話していただいた。光害は人間の体内時計を狂わせ、本来持っていた光への感性を奪った、とする面出団長の立場と、今更東京で星空を見よう、などという主張はナンセンス、とする島田氏の揶揄に富んだトークの対比が興味深かった。

おすすめの投稿

PAGE TOP