ライトアップニンジャ

第9回 ライトアップニンジャ@School of the Arts, Singapore

シンガポールで行われたアートイベント ” ナイトフェスティバル ” に去年に引き続き参加しました。誰でも参加できて楽しめる光と影のインスタレーションを行いました。
2014.08.29-08.30   池田 俊一

会場の様子
イベント当日の様子。 多くの来場者が会場となったスクールオブザアーツに訪れました。

ninja_map
イベントポスター

■ライトアップニンジャ・リターンズ!

シンガポール照明探偵団では、昨年に引き続き、ナショナル・ヘリテージ・ボード(NHB) が運営するナイトフェスティバルに招致され、このイベントに参加しました。(http://www.brasbasahbugis.sg/SNFPortal/)

私たちのイベントは 8 月 29 日 ( 金)、30日(土)の2日間、午後7時半から9 時半までの 2 時間に渡って行われました。今回は、光と影を使った誰もが参加できて楽しめるイベントとして” Come Play with Light and Shadow!” をテーマに企画し、日本の夏祭りのような賑わいのある雰囲気の演出も試みました。

会場となったのは、シティエリアの Brasbasah に位置する School of The Arts( 以下 SOTA) にある大階段周辺のパブリックスペースでシンガポールの中でも人通りが多い場所の一つです。

イベント本番

当日は午後 3 時に現地に集合し、はじめに当日ボランティアを含む総勢 40 名のスタッフでミーティングを行い、2 日間に渡るイベントの流れを確認しました。その後、チームに分かれて一斉にインスタレーションの準備に取りかかりました。

午後 7 時半イベント本番開始。予想以上の数の来場者が続々と訪れ、イベント開始直後から会場は大混雑状態になりました。スタッフが通行人の誘導を試みましたが、それでも長蛇の行列ができる始末となりました。初日は開始後に間もなくして不運にも豪雨に降られてしまい、一時イベントを中断せざるを得ない事態になるなど天候の急変にも翻弄されて、なかなか大変な滑り出しとなりました。

会場に配置された 7 つのインスタレーションを来場者が効率よく安全に楽しむことができるように導線を設けて順番に作品を体験できようにしました。また新たにスタンプラリーを導入し、4 つの参加型インスタレーションを回ってスタンプを集めるとコットンキャンディーショップで光る綿あめと交換できるという特典付きです。最終的には用意していた光る綿あめ用の 1000 本の光るスティックがあっという間になくなってしまうほどの大盛況でした。

Luminous Cotton Candy
Cotton candy-2
Cotton candy-3

今回の目玉企画の” ルミナス ・ コットンキャンディー”
ポップで不思議な光る綿あめをもらって子供たちも大喜びでした。


■ 7 つのインスタレーション

Glow in the dark Painting
蓄光シートのキャンバスに光で絵を描く “Glow in the Dark Painting”

Black Light Painting
UVランプによって描いた文字が浮かび上がる”Black Light Painting”

Shadow Play-2
カラーシャドーを使った影絵パフォーマンス “Shadow Play”

Light Painting
カメラのレンズを開放して光の軌跡を残す写真アート “Light Painting”

“グローインザダーク・ペインティング” は、スロープの壁面に設置された蓄光シートのキャンバスを LED ライトで照らすと、照らされた部分だけが 15 秒から 20 秒ほど残光して見える遊びです。

“ブラックライト・ペインティング” は、通路にキャンバスと UV ランプを設置、蛍光ペンで描くと UV ランプの効果によって描いたものが光り浮かび上がって見えてきます。絵を描く子供やメッセージを綴る若者などでキャンバスがびっしりと埋め尽くされました。

“シャドープレイ” は、RGB のスポットライトを使用したカラーシャドーの影絵パフォーマンスです。通行する人々の導線をスクリーンとスポットライトが挟むように設置していて、通行人が通る度にその影がスクリーンに投影されて、会場正面にいる人たちから見える仕組みになっています。

“ライト・ペインティング” は、カメラのレンズを開放にして接写時間を長くし、光の軌跡を撮影する写真アートで、参加者は 10 秒間 LED のライトを使って自由に表現することができます。ぐるぐると腕を振り回す人や文字や何かの形を描く人など表現は様々で、総勢 100 組以上の皆さんに楽しんでいただきました。撮影した写真はその場で壁面にプロジェクションされました。またFacebook(Singapore Lighting Detectives)にも公開されています。

ほかにも私たちとのワークショップで SOTAの学生が制作した白傘を使ったアイコニックな作品展示もありました。組み重なった傘は日中は強い日差しから身を隠して読書などが楽しめるシェルターとなり、夜は発光する光のクラスターへ変化します。建物上方からのムーンライト照明がドラマチックに空間を演出をしています。
スタジオミウさんによる夏祭りを感じさせる風車の作品や、日本人小学校の子供達による手作り行灯が会場を彩りました。

こうして 2 日間のイベントは大盛況のなか終了しました。半年間に渡る企画と準備、そしてイベント当日の大混雑と突然の豪雨にも挫けずに最後まで乗り切ってくれたシンガポールのスタッフの皆さん、大変お疲れ様でした。ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。                       ( 池田 俊一 )

会場協力:School of the Arts
協力:
Krislite Pte Ltd
Griven S.r.l
Studio Miu Art
The Japanese School. Primary School Changi Campus 4-4

Umbrellas Installation
SOTA の学生による傘と光のインスタレーション
Windmill Artwork
夏祭りをイメージした風車のインスタレーション
Children's Lantern Display
日本人小学校の子供たちによる手作り行灯

Ninja
忍者の格好のスタッフも一緒にイベントを盛り上げました
Staff Group Photo
スタッフ集合写真

おすすめの投稿

PAGE TOP