照明探偵団通信

照明探偵団通信vol.82

Update:

発行日:2017年9月21日
・照明探偵団倶楽部活動1/東京調査 東京湾(2017/07/24)
・照明探偵団倶楽部活動2/Lighting Detectives Workshop at Singapore Night Festival 2017 (2017/08/18-26)

照明探偵団通信第82号 PDF版をダウンロード

東京調査 東京湾

2017/07/24 岩永光樹+高橋翔作

煌びやかな東京の街並みに抱かれるように位置する東京湾。
湾に臨むのは羽田空港や大井埠頭、レインボーブリッジに東京ディズニーリゾートなど流通からエンターテイメントまでさまざまなスポットが軒をつらねている。
夜には漆黒の水面にそれらの個性的な光が映りこむ。

j_DSC_3336_03 (2)
船上から見た360°に広がる東京の光

map
調査コース

様々な表情をもった東京という大都市を海上の視点から一望したとき、我々の目にはどのような光景がひろがるのだろうか。いつもの調査とは視点を変えて、東京湾をクルージングしながら東京という大都市の遠景の光を調査した。
日の出ふ頭を発着場とする船に乗り、レインボーブリッジ、東京ゲートブリッジをくぐった後、羽田空港近くを通って再び日の出ふ頭に戻るまでのルートを調査コースとした。

■日の出ふ頭付近からの展望
レインボーブリッジより内陸側の海上からは東京の光を360°見渡すことができ、東京湾夜景の一番の見どころといえる。水平線上に並ぶレインボーブリッジや東京タワーの色鮮やかな光、オフィスやマンションの窓明かりなど、様々な光が煌びやかに連なって見える様はとても美しく感動的だった。新宿や銀座などの繁華街を歩く際は光の多さに圧倒され、時に暴力的に感じられる部分もあるが、少し引いてみるとこうも静かできれいに感じるのかと驚かされる。
しかし主要な繁華街やオフィス街の光は天空まで拡散しており、光害とも言える無駄で過剰な光が確認できる。また、調和なく雑多な光が混じり合っている現状は夜景の価値を向上させる上で1つの解決すべき課題だと言えるだろう。

IMG_4308
調査で利用した船
DSC_3010
構造が美しく光る工場

■大井ふ頭付近の工場夜景
大井ふ頭には海岸沿いに巨大クレーンが立ち並び、その周辺には無機質に照らし出される工場が点在する。怪しげに美しく光るクレーンや工場は水面への反射が相まってとてもドラマチックに感じられ、東京の普段見ることのできない夜景を楽しむことができる。巨大クレーンの多くは低色温度の光源が用いられており、連続して見える光景は統一性があり印象的だ。だが、強いグレアを放っている工場がいくつかあり、まぶしいだけでなく背景にある東京の夜景をかき消していた。工場の光は機能を重視したものであるべきだが、景観への配慮があってもよさそうだ。(高橋翔作)

k_DSC_2942
海岸沿いに連なる巨大クレーン

■ビル群の中のレインボーブリッジ
大井埠頭の工場夜景を堪能したあとに暁埠頭側に左折すると右手には大きな闇が横たわる。昨年一部の開園が見送られたばかりの海の森公園だ。ゴミの埋立地に森をつくることで期待があつまる海の森公園の闇は目に心地良く、夜空を染め上げる都市光のフレアが浮かび上がってみえた。反対方向の有明側では対照的な景色が広がる。お台場のフジテレビ、レインボーブリッジ、東京タワーが層となって重なり見え、相互との速度でゆっくりと交わっている。ビル群の中に佇むレインボーブリッジを発見したと同時にレインボーブリッジの照明は土台に広がる海水面があってこそ美しい照明手法なのだと気付かされた。

b_DSC_2837_
海原に聳え立つレインボーブリッジ

DSC_3068
巨大なダークスポット「海の森公園」

■闇夜に浮かぶ「恐竜橋」
広大な海の森公園の闇から突如あらわれるのは「恐竜橋」こと東京ゲートブリッジだ。千葉県市原市あたりの夜景を背負い繊細に照らしあげられたトラス構造は15-20cd/㎡と、節度のある輝度でほんのりと海上に浮かび、東京の海の門構えとして十分な気品を感じることができた。視界に広がる夜空と海原を切り裂くように大きな弧を描いたブルーのドット照明も心地良い輝度で印象的だった。
DSC_3121
心地良い輝度をまとった「東京ゲートブリッジ」

■空と海原を横切る光
東京ゲートブリッジをくぐると街明かりも遠くなり海原の黒と夜空の黒をさまざまな色の電飾が分断しているような光景が広がる。しかし、その静寂を劈くように上空から轟音とともに一筋の光が我々の頭上を横切る。夜空を見上げると飛行機のヘッドライトがぽつぽつと遠くの空まで連なって見えて、進行方向には高速点滅で空の旅客者たちを誘う光が羽田空港の滑走路を走っていた。移動体の光はいつも強烈で不意に飛び込んでくる暴力性があるが、空を回遊する光は都会の蛍のような魅力があった。内陸側の海上に戻ることには昔ながらの赤提灯をぶら下げた屋形船から青白いイルミネーションで飾られたクルーザーも浮かび、色とりどりの光が海原に漂う様は縁日のヨーヨー釣りを髣髴とさせた。

■東京湾の夜景の魅力
東京湾クルージング調査は総じて言えば驚きの連続だった。シンボリックな建物はほとんど見ることができたのだが、よく考えてみると東京湾ほど視界が開けた場所は東京都内のどこにもないかもしれない。だからこそアイレベルでは普段視界を覆ってしまう高層ビルや建築群が、東京湾では連なって見ることができる。この光景は東京湾ならではの景色と言っていいのだろう。ただ建造物も橋も工場や護岸さえも海上からの視線を意識していなかったのか、私には「うしろ姿」を垣間見てしまったような印象が残った。しかし、このアトラクティブなシーン展開が大都会・東京の街々を背負い込んだ東京湾夜景の魅力なのかもしれない。(岩永光樹)

DSC_3224
甲板には夜景を楽しむ人々で溢れる
DSC_3479
デコレーションされたクルーザー

Lighting Detectives Workshop at Singapore Night Festival 2017

2017/08/18-26 Sherri Goh

IMG_9300
Light Up the Beat!
Capture
Design rendering
DSCN0904
Ito-san’s first appearance
DSCN0897
Kick-off Meeting
DSCN4915
Halfway there!
Print
Erection of structure

Lighting Detectives collaborated with Japanese visual artist Atsuhiro Ito, who plays a fluorescent tube instrument call the Optron. to put up an installation and performance workshop titled Light up the Beat! for Singapore Night Festival’s 10 Magical Years anniversary.

■Town Musicians of Fluorescent
We wanted to emphasize the heritage and old history of the Waterloo site in contrast to the modern buildings of the area. The era of fluorescent tubes coming to an end and being replaced by LEDs seemed like a fitting mirror as a representative of the old and familiar. 41 old fluorescent tubes were acquired from the Singapore Management University (SMU) site nearby which was undergoing replacements of these lamps to LED fittings, and spun the story according to the famous tale of Town Musicians of Bremen. These retired fluorescent tubes were given a second life with our installation as musicians, flashing and dancing in the night.

■Design Dilemma
With the background and story in mind, conceptualizing the structure aesthetic was not easy due to the scale it had to be to house 1.2m of fluorescent tubes and to be of a substantial size complementing the site. Using 4 tiers to represent each animal in the Brothers’ Grimm fairytale, we started off with an ambitious 200 fluorescent tubes as the first draft. However, a 6m structure meant that we would have to meet local PE endorsement and the weight for 200 tubes physically and electrically were not feasible and a fire hazard in case of heavy rain. Situated in a quiet residential neighbourhood with an aging population, brightness and decibels were a pressing concern as well.
Finally settling on 60 tubes, playfully arranged, with Ito-san’s music arrangements after endless brainstorming, design revisions and two nerve-racking mock-ups, we looked forward in anticipation of the construction day.

■Structure Construction
Due to the sheer size and scale, construction of the structure had to be done onsite and welding progress of the skeleton was also highly dependent on the hopes of good weather as it was an outdoor site. It was a worrisome few hours as LPA’s first time supervising construction and overseeing safety on site for such a big structure. In total, it took 5 days inclusive of fine-tuning for the installation to be up and running.

■Media Preview and Opening Weekend
After a week of setting up and fine tuning, we were ready for the Media Preview on the 16th evening and opening night on the 18th! There were 5 groups of media representatives, ranging from influencers, digital media and mainstream media representatives to cover and learn more about our installation. Overall, people were surprised that the sound coming from the installations were frequency amplifications of the fluorescent tube ballasts! Opening weekend went smoothly aside from a small hiccup when a fight broke out near the installation and ended up damaging the cables slightly. What a dramatic close to the first opening weekend with police and ambulance on site before the installation operation time!

■Lighting up the Beat!
DCIM100GOPROGOPR1009.JPG
The crowd in our cosy corner.

Performance weekend was a blast! LPA Singapore office started out in the early evening informing passers-by of our workshop and creating excitement with the sound-test and the crowd was enthusiastic and most of the metal tools and accompaniment instruments were given out within the first 5 minutes of gathering the crowd. The artist led a 20 minute warm-up and practice with the audience, followed by his accompaniment with the crowd. Most participants were walk-bys and their numbers greatly exceeded the 45 people we planned for, creating a vibrant and happening atmosphere to the pulse of the fluorescent giant in the backdrop. Families, friends, children and the elderly were all involved and happily clapping along. The first night featured a man who was entertaining the crowd with his moves during the artist solo. And the second night had an impromptu guest guitarist Raven who jammed and wowed the crowd with Ito-san’s industrial beats.

Print
LPA feature stand
IMG_9348
An enthusiastic participant showing his moves.

IMG_9238
Workshop coordination
IMG_1827
A fiery duet.

We would like to extend our utmost appreciation for the help given, care and concern shown as well as the enthusiasm in coming down and playing with us. Thank you for making this feat possible and successful and we hope to see you at our next event! (Sherri Goh)

Venue: Waterloo Artsplace
Supported by: Krislite

関連する投稿

おすすめの投稿

PAGE TOP