世界都市照明調査

東京 TOKYO : 丸の内・東京タワー

ビジネスの中心から商業の最先端エリアへと生まれ変わった丸の内界隈の調査を皮切りに、東京という大夜景都市の中心に位置する東京タワーの光、そしてその展望台から望む東京の光を調査した。

global-research_tokyo_10

丸の内仲通りは高さ31mに統一されたファサードにはさまれている。そこから漏れる窓明かりは、互いのファサードや道路面に均一な光をなげかけ、明暗のリズムの無いなまぬるい夜景をつくり出していた。

global-research_tokyo_11

まるで東京夜景の主役であるかのように、人々の目を惹きつける東京タワー。この鉄塔の光は、構造体の内側のみを照らし上げることによって、輝きを内包した美しいシンボルを都市に出現させている。

global-research_tokyo_12

東京タワーから見た夜景は美しかった。250mの高さから望めば、上空に放たれたグレアは煌めきとして、統一感のない光色は彩りとして目に映る。彼方には圧倒的な量の光によって光平線が描きだされていた。賞賛してはいけない光だとわかっていても、その光景は美しかった。

おすすめの投稿

PAGE TOP