世界都市照明調査

東京 TOKYO : 上野

都心に位置し、多数の文化施設と史跡を内包する上野の森。そこには光の溢れる繁華街とはまた違った東京の夜があるはずだ。暗く沈む夜の木々の間から明るい空がのぞくその場所には、静寂の中に喧騒が紛れ込み、緩やかに共存している姿があった。

global-research_tokyo_28

JR駅から上野公園へのアプローチ。東京文化会館の巨大な庇が輝き、奥に続く森の吸い込まれるような暗さを際立たせる。

global-research_tokyo_29

国立博物館側からみた噴水広場。都心らしい明るい空がひらけている。その下では木々の群が闇の帯を作る中に点々と街路灯が灯り、光とは少し離れるように恋人たちが寄り添っていた。

global-research_tokyo_30

        
不忍池側から上野台地を見渡す。繁華街の明かりの横にひっそりと黒い森が佇む。闇の中、弁天堂を照らす強烈なナトリウム灯で空気までオレンジに輝いていた。

おすすめの投稿

PAGE TOP