vol.24_01
あかりのミシュラン

vol.24 最終回 下町にも闇がない ~照明探偵団・谷中に現る~

More

台風の余波を受けて天候が危ぶまれていたが、小雨まじりの谷中に30人ほどの仲間が集まった。 今日は恒例の照明探偵団の街歩き会。今回は下町情緒の残る台東区谷中の街と、 そこに潜む墓地の奥にまで分け進もうという企画だ。各自2個の懐中電灯を持参して…

vol.23_01
あかりのミシュラン

vol.23 大深度地下へのいざない ~東急建設技術研究所・大深度地下実験施設~

More

地下空間に人が住むという必要性がどこにあるのだろうか。海底都市とか地下都市とか聞くと、月面に住む人類の夢ににて、ある種のロマンを感じることもあるが、私は魚や土竜のような生活に何の魅力も感じない。美味しい空気を吸い、太陽と共に24時間を繰り返…

vol.22_01
あかりのミシュラン

vol.22 胎内感覚の音と光 ~イスタンブールとアンカラのモスク~

More

ジャミイ(モスク)を訪ねると既に数人の男たちがメッカの方向を指して、立ったりひざまずいたり、両手を耳に当てたり床に伸ばしたりしている。とても単純な動作の繰り返しで、全く自分勝手な礼拝のリズムだ。しばらく彼らの行為を詳細に観察した後、私は予め…

vol.21_01
あかりのミシュラン

vol.21 13万ルクスの無影灯 ~東京大学医学部付属病院・手術室~

More

OR-12と表示された手術室は、ほぼ7×7×3.2メートルほどの冷たい部屋である。中央に設置されたベッドの周りには、執刀医を含む8名が患者を取り囲み、手際よく細かい仕事に熱中している。天井には3種類の無影灯、TVカメラ、TVモニター、そして…

vol.20_01
あかりのミシュラン

vol.20 茶の間感覚のお洒落 ~東京西麻布のクラブ・スペース ラボ イエロー~

More

地下2回のダンスフロアの片隅で、淺川さんが三脚を小さく立てながらシャッターをきっている。ここではストロボ撮影が禁止されているそうだ。こんな真っ暗な空間で、レンズを通して一体どんな画像が現れてくるのだろう。写真家の目は天井方向に向いている。出…

vol.19_01
あかりのミシュラン

vol.19 成金アジアの夢 ~マレーシアのテーマパークホテル~

More

クアラルンプールを訪れると「アジアの都市の夢の跡」が感じられる。アジアンマネーの目指してきた都市化の高波は、明らかな失速感と共に奇妙な都市環境を作り出している。黄金の三角形と呼ばれる市の中心再開発部には、世界一の高さを誇る連立超高層ビル、ペ…

vol.18_01
あかりのミシュラン

vol.18 赤提灯に慰められて ~有楽町ガード下赤提灯街~

More

銀座付近で夕暮れに仕事が終えてしまうと、このガード下によく来たものだ。銀座のど真ん中で心おきなく飲むこともできないから。「ガード下に行こうか」。誰からともなく、そんな誘いの言葉が気軽に出てくる。そう、ここには筋肉と精神の弛緩を無条件で許す空…

vol.17_01
あかりのミシュラン

vol.17 春の夜の狂乱夜景図 ~上野公園の夜桜~

More

「春の夜の、夢か現か床の内・・・」江戸期に町衆を魅了した新内節、夜桜の一節。吉原の遊女上田屋園春の廓脱け(くるわぬけ)を語ったものだ。遊廓の二階部屋の窓越しに、ほんのりと灯火に照らし出された満開の桜花が眺められたのだろう。闇夜にひっそりと浮…

vol.16_01
あかりのミシュラン

vol.16 明るい街の功罪 ~大久保通り明るい会商店街~

More

「すごいぞ」という噂を聞いてやってきた。どんなに凄いのだろうかという期待に胸躍らせながら、明治通りから大久保通りに入り山手線の新大久保駅方面に向かう。エスニックの雰囲気漂うこの界隈にビックリするほど明るい商店街が出現したそうな。一体何が起こ…

vol.15_01
あかりのミシュラン

vol.15 横穴式住居群の窓あかり ~リバーシティ21~

More

このベランダから隅田川を挟んで佃島が見える。リバーシティ21の超高層のマンション群、都営、公団、三井不動産の三社の寄り合いで、合計9棟が林立している。10年ほど前には目の前を遮るものは何もなく、今日のように晴れ渡った冬の日には遠く霊峰富士ま…

vol.14_01
あかりのミシュラン

vol.14 見る楽しさと見られる嬉しさ ~代官山・カフェ・ミケランジェロ~

More

せっせと山歩きをして峠の茶屋でひと休み。熱いお茶か冷たいビールを片手に、遠くの山並みや空の雲、近くに流れる川の流れや鳥の声を聞く。ああ、何という心洗われる瞬間。なるほど、これが現代人の休息だ。毎日のように切れかかった気持ちにむち打って、都会…

vol.13_01
あかりのミシュラン

vol.13 美しい陰影のある駅 ~JR京都駅のジオグラフィカル・コンコース~

More

私はこの大空間に少しの暗さも感じない。確かに従来的な駅舎のように、大量の光を用いて隅から隅まで煌々と照明するようなことはしていないが、ここにはハッキリと「視覚化された明るさ」がある。視覚化された明るさとは、適度な陰影と同居することによって初…

vol.12_01
あかりのミシュラン

vol.12 光のペテン師と眠れぬ緑たち ~渥美半島/電照菊の里~

More

事件は愛知県の渥美半島で、秋の夜長に毎夜のように起きていると聞いていた。ひっそりと夜を迎えた闇夜の農村が、真夜中になると、あっと言う間に電飾に包まれる。野心的な照明デザイナーにとっては必見の環境だと・・・。 愛知県渥美半島赤羽根町は電照菊日…

vol.11_01
あかりのミシュラン

vol.11 上・中・下のライトアップ ~MM21・オフィスビルの外観~

More

超高層ビルの外観照明には手を焼くことが多い。建築のデザインもただ単純な墓石のような物でもまずいので、いろいろと表情のアレンジを試みるわけだが、結局ガラスのカーテンウォールは、夜のビル外観を画一的にしてしまう。ガラスのファサードを光で照らしあ…

vol.10_01
あかりのミシュラン

vol.10 粋な船遊びは今いずこ ~お台場/屋形船パーキング~

More

真夏の金曜日午後7時。若者のホットスポット、臨海副都心はDECKSの前に立つ。屋形船が隅田川を上り下りして続々とここに集合してくる。この時間は屋形船パーキングの最も賑わう頃。ついさっきまで31艘だったが、もう50艘近くにもなっている。それぞ…

vol.09_01
あかりのミシュラン

vol.09 明るくなくては客が来ない ~自販機とコンビニエンスストアの光の量~

More

無人コンビニを探偵しようと、発祥の地と言われる半蔵門に出向く。進化した次世代店舗の姿を想像していたので、がっかりした。間口の狭い店に大型の自販機が詰め込まれているという感じで、扱い商品の種類も少ないし、第一、客へのホスピタリティを感じない。…

vol.08_01
あかりのミシュラン

vol.08 純白のブティック ~advanced cique/CoSTUME NATIONAL~

More

淺川さんが写真を撮るのに、いつもより真剣になっている。商売道具の機材が詰め込まれたバッグから、きれいな淡い色のフィルターがこぼれている。カメラ用の色温度変換フィルターだ。写真家にとっても白は曲者。人の眼には白に見えてもフィルムは頑なにその違…

vol.07_01
あかりのミシュラン

vol.07 技ありの和風ライトアップ ~新宿高島屋~

More

私たちは西新宿・パークタワーの最上階あたりに昇ってみた。確かこの辺に来ると、あちら方面にぽつんと都市行灯が見えるのだけれど……。希望的観測は見事にはずれ、巨大な都市行灯のように見えるはずのライトアップされた新宿高島屋は、その後に工事の進んだ…

vol.06_01
あかりのミシュラン

vol.06 湿った熱風と乾いた体臭 ~アジアンスタイル・17人のアジア建築家たち展~

More

初めてこの展覧会場を訪れた時と2度目の時の印象が180度逆転した。一度目はオープニングの時なので、袖スリ合う人の熱気に会場が埋まっていた。会場がめまぐるしく暗くなったり明るくなったり、それが意図されているのかトラブっているのかさえどうでもい…

vol.05_01
あかりのミシュラン

vol.05 白夜の無駄な光 ~霞ヶ関庁舎群~

More

年度末の3月には至る所で道路工事が繰り返される。多くは予算消化のためのかけ込み工事だそうな。効率のみを志向してきた日本経済も、実はたくさんの意図的な無駄に支えられて来たと言うことか。フツーの人は夜の霞ヶ関なぞ訪ねる用事もないが、夜の官庁街桜…

PAGE TOP