連続実践講座

vol.13 月・星・そして太陽 – 伊東 豊雄(建築家)

Update:

連続実践講座 あなたも照明探偵団

伊東 豊雄 (建築家)
~いつかどこかで目にした光の原風景。
豊かな自然光との出会いこそ、すべての照明デザインの原点だ~

lecture_13_00
lecture_13_01

最終回のゲストには光と風を視覚化する建築家伊東豊雄さんを迎え、内なる光の世界を語ってもらうと同時に、これまでの12回の講座でとりあげてきたたくさんのテーマを総括。光の感性や照明デザインの原点は自然光にあると主張しつつも、世の中のバーチャルリアリティ=仮想現実化が進む中、私たちの内側では単純な自然光崇拝とはもっと別な「超自然光」とでもいうべき新しい光の感性が育ちつつあるのではないか、というディスカッションは、「今や何が本物で何がバーチャルかわからなくなった。その二重性こそが今日的で面白い」という伊東氏の柔軟な感性とも重なり合い、来るべき時代の都市の光のイメージを彷彿とさせられた。
また、全13回の講座の総括として「あるひとつの物事によって切っていくと今の時代がよく見えてくる。東京にはそのだけたくさんの価値観がパラレルに混在し、その並列が今の東京であると実感した。」と伊東氏がコメントしたように、全体を通して多彩なゲスト陣によって語られたこと、私たちが提出または提案したことから「東京ー世紀末都市照明の姿」とでも言うべきものが浮かび上がってくるように思われる。

おすすめの投稿

PAGE TOP