街歩き・サロン

シンガポール街歩き@ Marina Bay

Update:

シンガポール街歩き@ Marina Bay

2018/03/28  坂野真弓 + Sunyoung Hwang + Sherri Goh

1992年の埋立地の完成後、マリーナベイは開発が進み、シンガポールを象徴するスカイラインへとなりました。
マリーナベイのプロムナードからは、ベイ沿いに立ち並ぶ高層ビル、歴史的建物、そして目を見張るようなウォーターショーを見ることができます。これらは、URAのマスタープランに基づいて開発され、人々を魅了しています。
マリーナベイの光の英雄と犯罪者を見つけ出すため、探偵団はシンガポールでは初めてとなる街歩きを行いました。また同時期に、水辺沿いで開催されていた「i Light」というイベントも一緒に見学してきました。

DSC_0268
集合写真

DSC_0102
Sherriグループ
DSC_0185
Mayumiグループ
DSC_0188
Sunyoungグループ

■シンガポール街歩き1:都市夜景―マリーナベイ
シンガポールでは初めてとなる街歩きを、都市夜景をテーマに、メンバーを公募しました。2018年3月28日にマリーナベイの逆噴水パフォーマンスのレイン・オクルスの前で私たち18人は集合しました。
激しい雨が降っており、弱まるのを伺いながら自己紹介をして歩き始めました。最初に向かったのはファイナンシャルセンターとフラトンプロムナードです。ほとんどの参加者はデザインのバックグランドではありませんでしたが、環境デザインと照明に対して興味と洞察力をとても持っていました。
最初に、プロムナード沿いのフットライトとポール灯の照明器具を観察し、この場所に適当な明るさが取れているかを話し合いました。議論や考察を進めていくうちに、間接照明と直接照明を見分けられるようになり、そしてどんな照明手法がその場所をより良くできるかまで意見が持てるようになりました。街路灯の色温度がばらばらになっているのは、メンテナンスの難しさが問題になっているのではないかという発見もしました。シンガポールでは建築する場合、「マリーナベイ照明マスタープラン」を順守しなくてはなりません。しかし今回、実際に建てられたものを観察していると、ガイドラインにあっていないのではないかと思うような点をいくつか見つけました。とはいえ、シンガポールの夜景はこのガイドラインに沿った全体計画に基づいて作られてきたものであり、全体計画を持って開発していくことの有意義さの実例を示したものだと思いました。
街歩きの最後に、参加者それぞれの気づきや違った視点を共有し話し合いました。参加者たちは今回参加したことで、照明について考察することに意欲を持ち、また参加したいとのことでした。

■Sherriグループ
マリーナベイサンズの周辺では、英雄を多く見つけることができました。私たちは最初、「iLight」のインスタレーションのひとつの大きな赤いハートは、犯罪者だという意見でした。しかし後からハートとフラトンホテルのプロジェクションが連動していることに気づき、英雄という意見に変わりました。フラトンホテル界隈のプロムナードに取り付けられたドット照明は、CBDのライン上の照明と比べ、水辺によりふさわしい光だと思いました。プロムナード沿いのカーニバルの照明は、まぶしく、光害になっていると思いました。しかし、壁に木漏れ日のような光のイメージを作っている木へ投射された照明は素敵でした。私たちは楽しみながらマリーナベイマスタープランを学びながら歩きました。

photo6190483801818376228
大きなハートのインスタレーションとフラトンホテルのプロジェクション
John_Hero 6
エスプラネードシアター前のノスタルジックな人力車
5a814617-4c0d-4b9d-bc69-e0b2d77ce9a2
湾沿いの眩しいフットライトの光が、雨で濡れた地面に反射している

■真弓グループ
マリーナベイサンズの照明について話し合いました。トランプの一組からデザインの発想を得たと言われる外観ですが、私たちには波に浮かぶ船のように見え、だから青色のカラー照明で屋根やポディウムを照らしているのだ、というのが私たちのデザイン解釈です。
私たちが犯罪者だと思ったほとんどは、眩しさが問題になっているものです。たとえば、階段の地中埋込型のアップライトやフットライト、歩道を照らしているテープライトです。マリーナベイに来る人は夜景を楽しみに来ますが、眩しい光は邪魔をしているのではないでしょうか。
私たちは英雄と犯罪者を見つけることに終始熱中し、それぞれの発見について有意義なディスカッションを楽しみました。

Candice_Hero
マリーナベイサンズホテルは船のようで、青色の照明は波のイメージを表しているように見える
Candice_Villain
眩しい階段埋込器具
John_Villain 1
ベンチに設置された黄色の照明は、夜景の落ち着きを妨げている

■Sunyoungグループ
私たちのチームは、建築環境に興味を持つ人たちが集まりました。照明を丁寧に計画することは、建築をよりよいものにするのに必要なことだということが、メンバーにとっては新たな気づきでした。街歩きを始めてすぐに、何が良い光で、何が好ましくない光なのかを見分けるようになりました。目にとって快適でないという理由で、発光面が眩しいボラード照明やフットライト、広告スクリーンを犯罪者に選びました。マリーナベイサンズ前のやしの木のアップライトは、居心地のよい雰囲気を作り出しており英雄に選びました。

fa7a35ab-eca0-4245-8083-0bd0ac1dcf20
照明が建築の要素をさらに特徴付けている
Meng Guan_Hero
灯台のファサードに取り付けられた、かすかな光が誘導する

おすすめの投稿

PAGE TOP