LED照明の投稿一覧

SONY DSC
コーヒーブレイク

第016号 – 中国はなぜ色彩を好むのか

More

コーヒーブレーク: 面出さんと私 Interviewer: Simen Huang テーマ:『中国の人が華やかな色彩を好む理由』 黄 今日は中国の人が華やかな色彩を好む理由について話して見ようと思います。最近LPAでも多数手がけている中国プ…

120918_02
コーヒーブレイク

第009号 – ラーニング フロム ディズニー

More

コーヒーブレーク: 面出さんと私 Interviewer: 小川 基世 面出 ディズニーランド大好きっていう子がときどきいるよね。 小川 いますよね。わたしもそのひとりなんですけど。 面出 いつごろから好きなの? 小川 最初に行ったのは幼稚…

心斎橋
コーヒーブレイク

第001号 – メディアファサードとファサード照明

More

コーヒーブレーク: 面出さんと私 Interviewer: 田窪恭子 田窪 面出さん、今日は私の悩みについて聞いてほしいのですが、今、携わっているプロジェクトのクライアントからメディアファサードの依頼が来ています。私達に頼んでくるということ…

20100226_01
研究会・サロン

第5回照明探偵団サロン 「Enjoy Green Lighting② – オフィス/エコ・アイデアに満ちたオフィス照明の未来」

More

2010年2月26日 今回のサロンではオフィスのエコをテーマとし、最新オフィスにおけるエコ照明の実態を調査しました。また、快適で楽しいオフィスのエコとは何なのか、実験をもとに考察しました。ゲストには海宝幸一氏(日建設計)をお招きし、自然光利…

20090116_01
研究会・サロン

第3回照明探偵団サロン「住まいのあかり 過去・現在・未来-未来の住宅照明を展望する」

More

探偵団は近未来の住まいのあかりを大胆に予測した。 2009年1月16日 探偵団レポート「未来の光と生活」 探偵団の大胆予測に面出団長から辛口のコメントが入る。 橋本氏から光が大きなコンセプトとなった作品をご紹介頂いた。 トークセッションでは…

20081017_01
研究会・サロン

住まいのあかり 過去・現在・未来 – 白熱ランプが住宅から消える?

More

2008年10月17日 白熱電球が生産中止! まず探偵団発表。長きに渡った調査と、いろんな人にご協力いただいた実験成果の発表に熱が入ります。 S邸ダイニングのビフォア&アフター。フル点灯ならもちろん蛍光灯のほうが省エネだが、白熱灯は調光して…

080922_01
面出の探偵ノート

第072号 – LEDは蝋燭の親友です

More

私は最近、色々な場面で蝋燭のあかりを使う。 リゾートホテルや飲食空間などの照明デザインに大切な光源の一つとして起用するのだが、光量が不足したり安全性を問われたりして苦境にたつような時にLEDの競演によって助けられることがある。だからLEDは…

20080711_03
研究会・サロン

住まいのあかり 過去・現在・未来 – 過去から現在への住宅照明を探る

More

2008年7月11日 7月11日に、照明探偵団サロン「住まいのあかり 過去・現在・未来-過去から現在へ住宅照明を探る」が新丸ビル・エコッツェリアにて開催されました。会場には定員の100名を超える方々にお集まり頂き、皆さんの関心の高さが窺えま…

面出の探偵ノート

第021号 – 見本市への期待感と倦怠感

More

3月末にFrankfurt Fairがあって、5月初めにNY Fairが開催された。その中間、4月初めにMilano Fairもあったが、これには出張が重なっていて参加できなかったが、この時期に限って、まあ色々な照明関係の見本市や会議が開か…

global-research_praha_01
EUROPE

プラハ PRAHA

More

チェコ共和国の首都プラハには、ヨーロッパの中でも中世からの古い町並み・建物が数多く現存しており、毎年海外から多くの観光客が訪れている。また尖塔が多くあることから「百塔のプラハ」とも呼ばれる。従来の街路灯の多くはLED光源に置き換わっており、…

PAGE TOP