街歩き・サロン

第36回照明探偵団街歩き Sky Bus Tokyo

2008年9月26日

街歩き2008:Sky Bus Tokyo
Group photo in Marunouchi before the start of the tour. An air of excitement and anticipation as members boarded the bus for the 2-hour night tour of Tokyo.

s_20080926_02

s_20080926_03
Driving through the heart of Ginza was the highlight for many on the tour. New and old methods for street and facade lighting were on parade, an excellent opportunity for comparing and contrasting lighting eras.

s_20080926_04
Office tower lighting and residential condominium lighting dominated the scene on the drive back from Odaiba to Marunouchi. While white fluorescent lighting was the predominate color some condominiums glowed a soft orange.

s_20080926_05
Members all had stiff necks after 2-hours of continuous looking up, but nobody seemed to mind. Chatter even died down as the bus started along the route, as members seemed to take this opportunity very seriously.

The Lights of Tokyo from a Double-Decker, Open-Air Bus

The Lighting Detectives are always up to something unusual and for this city walk we rented a double-decker, open-air bus to cruise the streets of Tokyo. A specially planned route took us from Marunouchi→around the Imperial Palace→past the Diet→through the middle of Ginza→across the Rainbow Bridge→around Odaiba→back through Toyosu→across Kachidoki Bridge→up Haruumi Avenue→back to Marunouchi. It was a neck-kinking, eye-popping, wind-in-your-hair tour!

The Long View of Tokyo

It`s a rare thing to drive through the main streets of Tokyo, but even rarer to be seated on a double-decker bus night tour of Tokyo! Not only is your view transformed from a pedestrian on the sidewalk to the top of a bus, but also driving down the middle of Ginza and across the Rainbow Bridge are one-chance opportunities. The intimate tour of Ginza`s main drag and its famous boutiques was exceptional in itself, but my personal favorite was the long view of Tokyo from the Rainbow Bridge and Odaiba. Up close Tokyo is a very bright and lively place, but as the skyline shimmered in the Tokyo Bay, you tend to forget all of the bustle and overly bright signage of the megalopolis and focus on the bigger picture. While white light and luminous signage dominate this view it is easier to digest against the black waters of the bay than when it is just a few feet away. It is actually somewhat relaxing to view the city for afar and Odaiba is a fantastic place to do just that.

(Rachel Nakayama)

今回のバスツアーで、日頃恥ずかしくてなかなか出来なかったことを成し遂げました。それは・・・「上を見上げながら街中を行く」こと。東京の街中はビルが建ち並んでいます。いかにも田舎者と思われてしまいそうな気がして、上を見上げながら歩くことは今まで避けていました。が、しかし!今回のバスツアーで首が痛くなる程、思いっきり見上げました!!都会でしか見られない景観に大興奮!とくに銀座のメインストリートをバスで通り抜ける際には、林立するビルディングスケープにただただ感嘆しました。視界に入って来るのは両側の煌々と照らされたビル、そしてビルの谷間に見える東京の空。いつもの人込みはバスの高さのせいで視界に入ってきません。銀座を独り占めしたような、なんとも優雅な気分です。普段見られない景色を堪能できたバスツアーになりました。

(安田真弓)

初めて照明探偵団の活動に参加させて頂きました。今回の街歩きのテーマは「バスから見る東京都心の夜の光」。2階建てで屋根のないバスに乗り、普段の目線とは違う視点から都市の夜景を見ることが出来、とても楽しいツアーでした。バスはまず東京駅から出発して皇居を一周し、霞ヶ関を抜けて行きました。皇居周辺はやはり多くの木々と民家の少なさから暗く、とても静かな落ち着いた空気を感じる場所でした。それに対して霞ヶ関は、まだ各省庁で働いている人々も多く、多くの窓から青白い光が溢れ出ていました。霞ヶ関の後はそのまま日比谷公園を抜け、銀座一丁目から八丁目まで通過します。この銀座一丁目から八丁目までの通りが今回のツアーで一番明るく、そして一番印象に残りました。たくさんの有名ブランドが、各々のブランドイメージに合わせてファサードをデザインし、輝かせています。また看板広告も昔からあるアッパー等で照らす手法はあまり見つける事が出来ず、広告そのものが光り輝いているのが目に留まりました。一店一店としては面白く、綺麗で魅力的でしたが、一つの通りとして調和が取れているか、銀座の魅力に繋がっているのか等は疑問に思いました。ツアー中、面出先生に都市の光(街灯)についても説明して頂けたので、そういった点でもとても勉強になりました。

(大川郷)

関連する投稿

おすすめの投稿

PAGE TOP