光の英雄、それとも犯罪者。照明探偵団の活動中、いつも問われるこの質問。世界の街には様々な光環境が存在します。エキサイティングな光、ロマンティックで心地よいあかり、反対に居心地が悪く奇抜な光もあります。あなたにとっての光の英雄と犯罪者とは?審判はあなたです。
  • 38points
  • 27points
  • ベオグラード、セルビア

    この写真の中で光は歓迎の意味を表しているように感じます。その光は商業施設に誘い込まれるような感覚、または横の階段ではなく、トンネルを通るという特定のルートに誘い込まれたような感覚をもたらしています。

    こんな光環境は、皆さんにとって英雄それとも犯罪者?
    Photo by: Milica Iđoški from Serbia
    Update:

    MENDE'S JUDGE

    私はベオグラードへは2008年にTNT Forumで行きました。この石の建築は面白いですね。片側2台の地中埋設Up-light で人々を歓迎しています。照らされた石の表情も美しいです。

    私にとっては英雄です。

    PAGE TOP