光の英雄、それとも犯罪者。照明探偵団の活動中、いつも問われるこの質問。世界の街には様々な光環境が存在します。エキサイティングな光、ロマンティックで心地よいあかり、反対に居心地が悪く奇抜な光もあります。あなたにとっての光の英雄と犯罪者とは?審判はあなたです。
  • 0points
  • 25points
  • あなたの部屋の窓から、一晩中煩わしい光が差し込んでいるとしたらどうでしょうか。街灯は夜の街に欠かせない要素ですが、特定の状況や環境において不快になることがあります。私たちはこのような照明を、公共のための’個人の犠牲’といってもよいのでしょうか。

    皆さんにとって、これは英雄、それとも犯罪者ですか?

    Photo by: Karen Huang (from Hong Kong)
    Update: