光の英雄、それとも犯罪者。照明探偵団の活動中、いつも問われるこの質問。世界の街には様々な光環境が存在します。エキサイティングな光、ロマンティックで心地よいあかり、反対に居心地が悪く奇抜な光もあります。あなたにとっての光の英雄と犯罪者とは?審判はあなたです。
  • 73points
  • 8points
  • 札幌市内

    札幌市内、大通り公園からすすきの交差点までの通りでは、電球色の間接照明で照らされた市電停留所の明かりが、ポール灯の代わりに歩道の照度を確保する役割を担っている。

    ストリートファニチャーが都市照明の媒体となっている良い事例だと思う。

    *皆さんにとって、これは英雄、それとも犯罪者ですか?
    Photo by: 中村 美寿々
    Update:

    MENDE'S JUDGE

    これはストリートファニチャー照明なのですか? 

    何時に消されてしまうのか…は気になるところです。 

    しかし民間の照明が公共を兼ねるということは素晴らしい出来事です。

    道から街路灯の姿がなくなる日はいつごろ来るのでしょうか。

    PAGE TOP