照明探偵団をあなたの街に呼ぶ

照明探偵団をあなたの街に呼びませんか?

照明探偵団は常にアニュアルフォーラムを開催してくれる新しくエキサイティングな街や団体を探しています。探偵団が持つ照明の知識を、一緒に共有しながら、あなたの街のローカルなあかり文化を学びたいと思っています。

対象:大学などの教育機関、NPO法人・協会、自治体など、非営利の機関が対象です。


アニュアルフォーラムとは

アニュアルフォーラムとは世界中の照明探偵団のメンバーがホストとなる町に集まり、その町のあかり文化について議論しあう、年に一度の国際的なイベントです。

東京で開催された第1回アニュアルフォーラムからはじまり、世界中の都市で毎年開催されています。

プログラム

メインメニュー:

1. レクチャー/シンポジウム
2. 展示
3. 夜の街歩き

サブメニュー:

4. 都市調査
5. ワークショップ
6. ライトアップニンジャ /パフォーマンス

世界中に散らばる特徴的ななあかりとローカル文化は発見されることを待っています。照明探偵団のコアメンバーは豊富な照明経験を持ち、その道のエキスパートであります。私たちは照明探偵団フォーラムを、世界の人々と一緒に未来の照明を考え語り合うプラットフォームにしていきたいと考えています。

メインプログラム

アニュアルフォーラムには3つの主要となるプログラムがあります。フォーラムではこの3つのプログラムを行うことを推奨しています。

レクチャー/シンポジウム

レクチャーやシンポジウムはフォーラムのメインプログラムのひとつです。レクチャーは照明探偵団のコアメンバーが自分の街の照明文化をもとに同じテーマで短いプレゼンテーションを行うものです。レクチャーの延長として、同じテーマで公開ディスカションを行うのがシンポジウムです。探偵団のコアメンバーは照明デザイナー、大学の教授、アーティスト、プロジェクトコーディネーターなど、さまざまなバックグランドを持った人で構成されており、それぞれ照明デザインに深く精通しています。バックグランドが様々なので、都市照明デザインの多様な問題に対し、いろんな角度からのディスカッションが展開されます。

展示

照明探偵団は1990年に設立され、2000年頃からその活動は世界に広がりました。照明探偵団の都市調査は世界各地に及んでおり、都市照明の豊富なデータが蓄積されてきています。これらのデータはフォーラム開催中の展示に利用可能となっています。

夜の街歩き

通常、フォーラムの初日の夜に街歩きを行います。フォーラムの参加者はその街の照明環境を観察する街歩きを行います。過去には、2階建てバス、ボートや徒歩で、高層オフィスビル、水路、その他の特徴的なエリアの照明環境を観察してきました。この活動は、楽しくリラックスした環境で、その町の照明文化の発見を共有するためのいい機会となります。

サブプログラム

以下の3つのプログラムはメインプログラムに加えて、ホストとなる街の興味により付加されるオプションのプログラムとなります。さらに楽しい活動になること間違いなし!

都市調査

さまざまな照明環境の違いを収集、比較、対比するために、世界都市照明調査は常に行っている重要な活動です。〝ワールドライティングジャーニ―″は照明探偵団が常にアップデートしている調査のデータベースで現在70都市以上のデータが集積されています。照明探偵団のこの調査ライブラリーは基礎データとなるもので、世界の照明環境を比較するうえで重要なものとなります。このデータベースを整理し一般公開することが、私たちの継続的な目標です。

ワークショップ

ワークショップは主に生徒やこども達をターゲットにした活動です。生徒主体のワークショップは、グループフィールドワークや都市照明環境の集中スタディーワークショップです。こども主体のワークショップは遊びや簡単な工作を通して、あかりと闇を学ぶワークショップです。

ライトアップニンジャ

大きなタワーや橋、お城といったモニュメンタルな構造物のような大がかりなライトアップではなく、 日常的な生活の場の中に埋もれている景色に、少しの光で景観としての魅力を与えようという実験的な試みです。
必ずしも光の足し算をする、と言うことではなく、時には不必要な光を消したり不快な光を整えることも含め、 身近な生活空間のなかに夜の快適さ、美しさをつくっていこうというのがこのイベントの趣旨です。

お問い合わせ

お問い合せは照明探偵団事務局まで。
詳細についてはこちらの資料をダウンロードしてください。

PAGE TOP