探偵ノート

第52 号 – ベッドからオフィスまで

Update:

テーマ:ベッドからオフィスまで

Interviewer:Brien Ng

Brien_03-min

面出: 今日は日常のルーティンについて話そうと思うんだけど、ブライアンは朝起きてから会社のデスクまでどれくらいかかるの?

Brien: 大体90分ほどです。

面出: それは長いね。朝起きて最初に目に入るものは何?

Brien: カーテンのすき間から入ってくるお日様の光です。

面出: オフィスまではどれくらいかかるの?

Brien: 結構かかります。バス停に20回ほど停まります。1車線しかないので、交通渋滞にすぐはまってしまいます。乗車して30分くらいすると香港島に入ります。それから上環でMTRに乗り換えます。

面出: バスだけで1時間はかかるね。

Brien: 通勤途中、様々な開発中の村を見ることができます。高いビルでも4階建てですが、本当は法律では3階までしか許可されていません。法律を破り、屋上にもう1層建て、700平方フィートを追加で確保したりしています。

Brien_02-min

面出: 毎日同じ感じですか?

Brien: 午前6時50分バスと午前7時45分バスからの眺めは素晴らしいんです。 早い時間の方は、山の後ろから太陽が昇っています。ゴールドとグレーがかった青の混ざったような色になります。

面出: 朝の時間帯は好き?

Brien: はい。

面出:それは珍しいね。

Brien: たぶん私はパーティー好きの人種ではないからではないでしょうか。

面出: 僕もだよ。

Brien: 近所でいまだに見られるのは、鉄のパイプと波型の鋼のキャノピーが付いた昔ながらのバス停です。 中古または壊れたソファと椅子がそこには置かれています。 また、「旅」の途中で2つの橋と3つのトンネルが見えます。

面出: 毎日の通勤がとてもドラマチックに聞こえるね。

Brien: 面出さんはどうですか。

面出: ベッドから会社のデスクまでは40分ほどかかる。私は6階建てのマンションに住んでいて、寝室は西側。 “二次太陽”がよく入ってくるんだけど、これは向かいの建物に反射した太陽光が寝室に入ってきたもの。起きて最初に見るものはこの反射した太陽光。私の奥さんは早起きするのが苦手なので、私は彼女のために朝食を準備する。新聞を読んだり、テレビのニュースを見たりもする。
家を出ると川沿いを歩く。季節や天候によって景色は変化する。リスのような小動物と話をするのが大好きで、 駅まで歩いて10分ほどの静かな時間を楽しんでいる。 途中、緑の手入れをしている人もいるし、犬を散歩させている人もいる。
東京のリバーサイドはよく開発されていて、そこで釣りを楽しむこともできる。 夜には桟橋のランタンがたくさん灯る。(私の家の近所)。この景色がそこに引っ越した大きな理由だった。

Mendesan_01-min-min

Brien: 30年間同じルートで通っているのですか。

面出: 大体同じだね。一駅行って、それから違う線に乗り換える。若者やおしゃれな人にとってエキサイティングな街の渋谷までは20分かかる。渋谷を降りてからはオフィスまで徒歩で10分ほど。最後に3階まで上がりデスクまで行く。 そして「空の」デスクに着きます。

面出: もしそんなに急いでいなくて、もっとエネルギーがあったら何をする?

Brien: 停まって興味が惹かれるものの写真を撮ります。例えばKSR駅では、大きな窓をお日様が透過してくるのを遮るものがありません。黄金色の穏やかで温かい日光が宇宙空間からガラスを通して大気中に至るまで続き、最終的にはオレンジの色合いで覆われた鉄骨フレームのコンクリート階段に到達します。

面出: 多くのデザイナーは夕方に仕事を終えた後、できるだけ早く帰りたいと思っているよね。

Brien: 40年前と同じペースで働いていますか?

面出: いいえ。最近私は年を取り、ライフスタイルを変えようと思っている。 平日の午後8時前には家にいて、妻と夕食をとりたい。 この「余暇」は、過去40年間は週末のみだった。
家に帰るときは、来た時と別の景色が見える?

Brien: はい。早い場合はワンチャイまで電車に乗って、午前中に乗るのと同じバスに乗り換えて直接家に帰ります。 しかし、最近別の帰り道を見つけました。

面出: まったく違う景色が見られるということ?

Brien: い、びっくりするくらい違います。 最初の4か月間は、右に曲がって駅に行っていたので、こちら側の夜景を全く知りませんでした。 左に曲がるという簡単な行動で、全く新しい経験が生まれます。 これが指摘したい重要なポイントであり、毎日のルーティンに小さな変更を加えることで大きな違いを生む可能性があるということです。

Brien_01-min

面出: 変化を楽しんでいますか?

Brien: 楽しむようになりました。 まだ23歳なのですが、私の家族はすでに10回も引っ越しをしています。 最初は絶え間ない環境の変化に戸惑いましたが、変化を受け入れようと努力しました。 新しいものは素晴らしいことがあります。 未知のものを受け入れることで、より適応力が付きます。

面出:自分の寝室から会社のデスクまで、さまざまな景色を楽しむ。私は ベッドから机まで、人と自然に注意を払っている。 まっすぐに進まないこともあれば、迂回することもある。視界と思考を変えるために360度のぐるっと回転をすることもある。 歩きながら物事を観察することは小さな創造だと思っている。 地面だけでなく足元の舗装にも注意を払わなければならない。 注意深く見ると、あなたの態度は無意識のうちに変わる。 水面を観察し、地面にある小さなアリを観察する。 私たちがベッドから机まで毎日を徹底的に体験できれば、色々なことにもっと興味を持つことができるんじゃないかな。

Brien:日常的なものに視点を移すと、 面白いかもしれないけど、わからない。 過去40年間変わらず同じように見えるからといって、未来に新しい機会や経験が得られないわけではありません。10分間の徒歩、または90分間の乗車でも、ただ楽しむだけですね。

関連する投稿

おすすめの投稿

PAGE TOP